髪や頭皮が傷まない毛染めは?

頭皮トラブルの男性

ヘアカラーが頭皮トラブルの原因に

髪や頭皮は、みなさんが思っている以上に刺激に弱く、ちょっとしたことでトラブルを起こしてしまう危険があります。
そのため、毛染めをする場合、できる限り髪や頭皮が痛まないように心がける必要があります。

 

では、髪や頭皮のことを考えた場合、どのような方法で毛染めを行えば良いのでしょうか?

 

まず、最も髪や頭皮への負担が大きく、トラブルを起こす可能性が高いのがヘアカラーだと思ってください。
ヘアカラーに含まれている薬品は、非常に強力なので肌が弱い人だと高確率で痒みやかぶれといった症状を起こしてしまいます。

 

また、髪の内部から染めるので髪がパサパサになってしまいツヤやハリも無くなってしまいます。
長期間髪の色を持続できるので大変な便利な毛染めですが、髪や頭皮の健康を考えるのであればおすすめできません。

 

一方、ヘアマニキュアは、髪の内部から染めるのではなく表面を染めるタイプなので髪や頭皮への負担が少ないです。
使用されている薬品もヘアカラーに比べると刺激が弱いので頭皮トラブルを起こしにくく安全性も高いです。

 

肌の弱い人でも使用することができるのでヘアカラーを使用できない人でもヘアマニキュアであれば使用できるケースも多いです。

 

ただし、安全性が高いヘアマニキュアですが、だからといって絶対に頭皮トラブルを起こさないという訳ではありません。
人によっては、頭皮に異常をきたす場合もあるので仮に使用して何か異常が出た時はすぐに洗い流すようにしてください。
そして、症状が改善されない場合は、皮膚科に行き、専門医に相談された方が良いでしょう。