市販の毛染め・ヘアカラーは髪を傷める?

ヘアカラーが髪を傷める?

市販の毛染めは髪を傷めやすい

市販の毛染めは、髪を傷めやすいといわれていますが、これは本当のことなのでしょうか?
結論からいうとスーパーやドラッグストアで販売されているヘアカラーは髪を傷めやすいといって良いでしょう。

 

ヘアカラーは、どなたでも簡単に髪を染めることができるというメリットがありますが、美容室などで使用されるものよりも刺激が強い成分が配合されています。
そのため、美容室で髪を染めるよりも髪へのダメージが大きいですし頭皮への負担も大きくなります。

 

では、市販のヘアカラーには、どのような悪い成分が含まれているのでしょうか?

 

まず市販のヘアカラーには、パラフェニレンジアミンパラアミノフェノールといった成分が配合されています。
この2つの成分は、アレルギー反応を引き起こす危険性が高く、使用すると髪はもちろん健康にも害を及ぼす可能性があります。
痒みやかぶれといった症状が一般的ですが、場合によっては呼吸困難などの重大な症状を起こす危険もあるので注意しないといけません。

 

またヘアカラーは、過酸化水素を使用してキューティクルを開き髪の内部から薬剤を入れるため髪への負担が非常に大きいです。
キューティクルは、サラサラの髪質を保つための重要な存在なのでそれが破壊されてしまうと触り心地が悪くなりますし枝毛も増えてしまいます。

 

このように市販のヘアカラーは、刺激がとても強く髪をボロボロにする可能性が高いので使用する際は十分に注意するようにしましょう。