毛染めで薄毛になるってホント?

薄毛に悩む男性

ジアミン系成分に要注意

髪の毛を染めると薄毛になりやすいといわれていますが、これは本当のことなのでしょうか?
もし、本当であれば、今の薄毛の原因がヘアカラーのせいかもしれないと思った人もいるでしょう。

 

絶対にヘアカラーを使用したからといって薄毛になる訳ではありませんが、その要因にはなり得ると思ってください。
薄毛の心配をしている場合は、頭皮や髪のことを労わるためにもヘアカラーを使用しない方が良いかもしれません。

 

一般的にヘアカラーには、パラフェニレンジアミンパラアミノフェノールというものが含まれており、これらの成分が薄毛を引き起こす原因になります。
この2つの成分は、非常に強力な薬品なのでアレルギー反応を引き起こす危険性があります。
仮にアレルギー反応を起こした場合、痒みやかぶれといった症状をはじめ、喉に激しい痛みを感じるケースもあります。

 

また、アナフィラキシーによって、呼吸困難という命に関わるような重大な症状を起こしてしまう危険があります。
このように怖い悪影響を及ぼす成分が配合されており、体はもちろん頭皮にも大きなダメージを与えてしまいます。

 

そして、また髪を染めた後シャンプーをしますが、合成界面活性剤が含まれたもので洗髪してしまうとさらに髪や頭皮にダメージを与えてしまい、薄毛を促進させてしまうので注意が必要です。
このような理由から薄毛に悩まされている人や薄毛になりたくないと思っている人は、なるべくヘアカラーは使用しない方が良いといえます。