アレルギーがある人でも毛染めを使える?

アレルギーリスクに注意

毛染めの痒み・かぶれは異常のサイン

ヘアカラーを使用して髪を染めたいけどアレルギーがあるので使用することができないという人も多いです。
ヘアカラーには、強力な薬剤が使用されているのでアレルギーを引き起こす可能性があります。

 

一般的に痒みやかぶれ、腫れ、小水疱といった皮膚トラブルを起こすことが多いですが、場合によっては全身じんま疹や呼吸困難といった症状も現われます。
そのため、もし髪を染めていてこのような異常を感じた場合はアレルギー反応が出ている可能性があるのですぐに使用を中止してください。

 

そして、症状がなかなか改善されない場合は、そのまま放置せずに速やかに病院に行き、適切な処置を受けるようにしましょう。
ヘアカラーには、このような危険性があるのでアレルギーがある人は使用しないでください。

 

もし、アレルギーがあるけど髪を染めたいという場合は、無添加のヘアマニキュアを使用してはいかがでしょうか?
ヘアマニキュアに使用されている成分は、ヘアカラーよりも刺激が弱いので、髪や頭皮への負担が少なく、頭皮トラブルを起こすリスクが少ないです。

 

また、無添加なのでアレルギーがある人でも問題無く使用できる可能性が高いでしょう。
最近、アレルギーがある人や敏感肌の人を考慮した無添加のヘアマニキュアが数多く販売されるようになってきているので自分の肌に合うものも必ずあるはずです。

 

ただし、100パーセント安全という訳では無いので使用方法をしっかり守ることが大切ですし、何か異変を感じた場合は医師に相談してください。

 

男性専用のヘアマニキュアはあまり数多く販売されていませんので、女性用(ほとんどのものは男女兼用)で自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

 

(関連記事) 男性が女性用の毛染めを使っても問題ない?